2014年8月30日土曜日

ホンダバイク 人気落ちている?

昔からホンダバイクはずっとベトナム市場のトップシェアを占めてきた。しかし、最近ホンダバイクの人気が落ちている気がする。自分もそう思うし友達もそう思うようだ(ホンダバイクを使ってきた)。

ホンダバイクの人気が落ちている理由は何か?

まずはデザイン。SHモデルは人気が高いが、高級バイクなので、値段も高い(輸入SHバイクは5千、6千米ドル、国内産は3千米ドル程度)。SH以外はデザインにファッション性が欠いている。Visionモデルなどは省ガソリンで高く評価されているがデザインが印象を与えない。

次に、エンジンが弱い。一人乗りだったら良いが、二人乗りしたら加速にはかなり時間がかかる。最近サイゴンに太っている人が多いし(筆者自分も)。加速が遅いのはダメだね。

三つ目に、革新したモデルがなかったことだ。「そんなに変わらない」と言われている。ホンダに対する期待が大きかったから。

なぜこれまでホンダの人気が高いか?

ホンダバイクの一番メリットはガソリンの節約だ。しかしガソリンを節約しすぎてエンジンが弱くなって加速しにくいデメリットになる。だから人気が落ちてきている。

デザインやファッション性でバイクを買うならVespaとPiagio.

強いエンジンと加速性ならヤマハとSYM(台湾)。

最近ヤマハの人気が上がってきている。安いモデルSiriusはまだ人気がある。加速性が良いから。逆にホンダの安いモデルWaveはエンジンに長持ちが欠いて数年間で劣化すると文句を言われている。

サイゴン人は速度を重視する

サイゴンではガソリンの節約ではなく、デザイン・ファッション性とエンジンを重視する。自由闊達でスピードが好きな人が多いからだ。だからヤマハに人気が高い。

後はマイナーだが、ヤマハのロゴはホンダのロゴ(翼)よりもかっこいい。

ホンダとヤマハのロゴ。どちら恰好が良い?

買うならヤマハの新モデルNozza Grandeをおすすめする。価格(登録代を含む)は4600万ドン(23万円)。新バイクはエンジンが強いほうが良い。

イメージ:


最近ヤマハバイクのモデルさんも美人が多い気がする。美人を乗せるなら強いエンジンのバイクを!

以下はNozza Grandeとポーズした美人モデルさん。









写真:autovn

0 件のコメント:

コメントを投稿