2013年12月27日金曜日

今年の旧正月

今年の旧正月は1月31日です。ベトナム語では「Tết Âm Lịch」(漢字:テト陰暦)または「Tết Nguyên Đán」(漢字:テト元旦)と呼びます。旧正月はベトナム人にとって一番重要な祭日です。テトの1カ月までなのでみんなは買い物に忙しいです。


ベトナム陰暦のご覧はこちら

旧正月の休暇は5日間から9日間に変更
例年旧正月の休みは5日間でしたが、今年法律が改定され9日間になりました。おそらく経済不況のための対策でしょうか。お正月休みは旧暦28日から旧暦6日までです。つまり陽暦1月28日から陽暦2月5日までです。(下記通り)

2014年旧正月の休暇(赤の数字、隣の小さい数字は旧暦)


テトの有名な場所はHồ Thị Kỷ花市場(Chợ hoa Hồ Thị Kỷ)です。住所:Ho Thi Ky street, ward 1, district 10(10区)。
テトには飾るための花が欠かせないものですので、みんな花を買いに行きます。花市場は陰暦27日から30日まで賑やかです。テトの雰囲気を知るために最適な時期でしょう。




陰暦27日に花を買いに行くと新鮮な花が買えます。市場は通夜です。遅い時間に(朝1時とか)モデルさん、歌手さん、芸能人が花を買いに行くことが多いようです。美人を見るためにか夜に市場に行けばいいです。

花は2種類があります。新鮮な花と冷凍された花です。新鮮な花は「Hàng nóng」(ホット・グーズ)といい、冷凍花は「Hàng lạnh」(Cold goods、コールドグーズ)といいます。区別しにくいため経験がないと難しいですが、基本的に新鮮な花は値段が高く、冷凍花は値段が安い(3分の1とか)です。
その違いは、新鮮な花が長持ちで、冷凍花が数日で枯れることです。買うとき花びらの端っこが枯れたら冷凍花に違いありません。

今経済不況のため花屋さんの売り上げが半分減少する見込みです。

Ho Thi Ky花市場はベトナム女性を見るため、ベトナムの旧正月を感じるために行くべき場所です。しかし、この市場を別の場所に移動するという計画があったそうです。将来なくなるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿